LOG IN

人形鋏の火造り

by SHIMAMOTO

千葉県指定伝統工芸士 松戸市在住の北島和男さんの人形鋏作り、そのハイライトとなる火造りの工程を見学してきた。

人形鋏とは、日本人形のヘアカットに使われる鋏。
東京は浅草橋の人形店の著名な職人であった「原米州」から、このような形の鋏は出来ないかと、秋葉原にあった棟方志功も通ったという「研綱」という刃物店に持ち込まれたのがその原型だ。
当初は東京の、「他の職人の鋏より高価だった」といわれる与三郎という銘の職人の手で造られたが、その職人の廃業により、以後は長年北島さんがこの形の鋏を作り続けてきた。
今も人形の町、埼玉県岩槻市などへの納入がたまにあるというが、常時は在庫していない。

では、以下火造りの様子をレポート。
前もって、刃先となる方に軟らかい鉄と硬い鉄を鍛接(鉄を赤めて貼り合せ)したものと、持ち手になる方に丸棒を成形したものを、溶接して付けてある。

火を起こす。チラシなど燃えるものをコークスの上に置き、送風機で下から空気を送り込みながら点火すると、意外にあっさり火が起きた。

まずは、持ち手の部分を金床と鳶口(とびくち)という中央にある道具に引っ掛けて叩いて、曲げてしまう。

曲がったら、刃先の部分を延ばして、鋏の刃の形に成型していく。

金床を替えながら、どんどん刃の形にしていく。

刃の形が整うと、今度は先ほど曲げた持ち手の部分に、更に微妙なカーブや一部平たい部分を作っていく。しかも左右の形はバッチリ揃わないといけない。

何度か左右を並べて様子を見ながら、ピッタリ揃うまで修正…とはいえ、数度の修正でもうピッタリそろってしまった。
そろっているのは当然で、道具として格好良く出来てないと…というのは北島さんのポリシー。

とはいえ、まだまだ発掘された鉄器のような風情の鋏の刃先を、グラインダーで成型。

グラインダーで出来ない部分や仕上げは、作業場のすのこに敷いた座布団に座って、手作業で行う。
万力を使わず、足でヤットコを挟み、鋏を安定させて作業する。

この先、仕上げ、刃研ぎ、持ち手部分の塗装(カシュー塗料の手塗り)などを経て完成になる。


SHIMAMOTO
OTHER SNAPS